生ジュースとスムージの違いは大きい。

「売上を上げたい」と考えた時、
私たちがついつい商品・サービスの充実、
つまり中身の充実を図ろうとします。

しかし、中身と同じくらい、
むしろそれ以上に外見、
つまり視覚に訴えることが重要なのです。

今日は視覚を利用し、
上手にマーケティングを制した例を
ご紹介します。

近年、健康ブームに乗って
「スムージー」が流行っています。

4718685db9ff8f7176caf83008056cfc.jpg

スムージーは、
凍らせたフルーツや野菜をミキサーにかけて
飲みやすいシャーベットのようにしたドリンクです。

「少し凍らせている」
という点が違うものの、
製造工程は昔から売っている
青果店の「生ジュース」
さほど変わりません。

eed669f6b4ff08f60e4644e32987aa9431796445.33.2.3.2.jpg

しかし・・・

スムージーは昭和っぽい
古臭いイメージとは違った、
色鮮やかでスタイリッシュ、
オシャレで健康的なライフスタイル感を伴った
ビジュアルを押し出しました。

両者の違いは、
売っている店の「世界観」
比べれば一目瞭然のはずです。
このような「世界観」のことを、
広告デザイン業界では
「トーン・アンド・マナー」と呼びます。

人が誰でも同じように感じる
ぱっと見の印象・雰囲気です。

トーン・アンド・マナーを
意識的にコントロールし、
人々に錯覚を起こさせることができれば、
ビジネスに大きな飛躍のチャンスが生まれる
と言っても過言ではありません。

ですが、自分一人では
なかなか考えだすのは難しいものです。

もし魅せ方を変えて
来年飛躍した一年にしたい!
考えている方は

コンサルをしながら
あなたの価値を一緒に引き出しましょう。

今年の個別相談は終了したので
また1月に募集をお待ちくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする