あなたのカバー写真はザリッツカールトン東京?それともカプセルホテル?

個別相談会をしていると
よくあるお悩みを聞きます。

それは
「良いサービス、良い商品を
売っているのに、
なかなか正規価格で売れない。

もしくは、
安い値段でなければ、
お客様が買ってくれない」

というお悩みです。

確かに消費者からすると
良い商品が安く買えることに
こしたことはないと思います。

ですが、
安く売るつもりであった商品と
否応なく安価で売らなければ
ならなくなった商品は
全くの別物です。

もしも、みなさんの商品やサービスが
本当に自信があるものでしたら
今すぐはっきりとお客様に
その良さを伝える必要があると思います。

なぜこのような現象が
起きてしまっているのか
わかりますか?

原因は2つ考えられます。

1つめは、
ペルソナが違うから。

2つめは、
デザインに力を入れていないから。

です。

あなたの
ペルソナはどんな人でしょうか?
そもそもペルソナ自体の収入が
低いとうまくいきません。

もちろん単価が
数千円や数万円でしたら
何の問題もありません。

が、
何十万円、何百万円の場合は
なかなか買ってもらうことは
難しいでしょう。

そして2つ目に、
デザインに力を入れていない
ということです。

なぜデザインが関係するか?
それは・・・

例えば一番わかりやすく
ロゴでご説明します。

1つ目が、
ザリッツカールトン東京のロゴです。

有名なので
説明するまでもありませんが
超一流ホテルです。

お手頃なお部屋でも
10万円ぐらいかかります。

7258ab809bdf7767ab727f07221620e9--luxury-logo-luxury-branding.jpg

2つめに、
カプセルホテルのロゴです。

h2,100.gif

ここのホテルは
一泊3600円です。

ザリッツカールトン東京と
カプセルホテルのロゴだけみて
何の違いがあると思いますか?

ザリッツカールトン東京と
カプセルホテルを
全く知らない外国人でも
ロゴを見ただけで
わかることがあります。

それは「高級感」です。
または「信頼感」です。

ロゴを見るだけで
どんなお客様を
お客様としているのかが
よくわかります。

これはフェイスブックの
カバー写真にも
同じことが言えます。

きちんとデザインを
整えているのが
ザリッツカールトン東京です。

適当なデザインが
カプセルホテルです。

カプセルホテルで
何十万のお部屋が
売れないのと一緒で、

適当なカバー写真では
高価な商品はどう頑張っても
売れないのです!!

ここに気づいていない人が
多すぎるのです。

あなたのカバー写真は
ザリッツカールトン東京ですか?
それとも、カプセルホテルでしょうか?

年末に見直してみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする