一眼レフ顔負けのシルエット写真

こんな写真は一眼レフじゃなきゃ
撮れないだろう___

と諦めている人はいませんか?

iPhone-Silhouette-Photo-08.jpg

 

最近はみなさんに
スマホでも一眼レフ並みの写真が採れることを
お伝えするべく

スマホでも沢山写真を撮っております!

 

今日はシルエット写真をとるために
ポイントを絞ってお伝えします^^

 

 

シルエット写真を撮るための

 

ポイント1
太陽に向かって撮影する

シルエット写真を撮るにあたり
絶好の時間帯は日の入り日の出です

 

 

ポイント2
被写体の後ろに太陽を隠す

太陽に向かって撮影する際の問題は、
太陽が非常に大きく、
明るいエリアを作ってしまい、
撮影写真を台無しにしてしまうことです。

この問題を回避するシンプルなコツは、
メインになる被写体の背後に太陽を直接配置することです。

 

 

ポイント3
露出を調節する

シルエットを撮影するなかで、
被写体が十分に暗く見えず、
空が露光オーバー(明るすぎ)になってしまうこともあります。
この場合、画像を暗くするために、
iPhoneのマニュアル露光コントロールを使いましょう。

スクリーンをタップして焦点を設定した後、
露光を減らすために、単純にスワイプダウンします。
これで画像全体が暗くなり、空は適切に露光し、
暗い形もしくはアウトラインまで
被写体の露光を減らすことができます。

 

 

ポイント4
被写体にスペースを空ける

被写体が一つであれば問題はないが、
二つ以上の場合、二つが近すぎると
綺麗なシルエットになりません。

なので間は多めに開けましょう!

 

 

通常撮影よりは
少し難しいかもしれませんが、

ぜひ挑戦して見てくださいね!