いい写真を撮るためになぜ主役を決めるのか?

昨日は写真を撮る目的とは
「自分が何かに感動し、
それを、誰かに想いを共有するため」

とお伝え致しました。

何かに感動し、
誰かに想いを共有したいから撮ったのに
後から自分で見たら微妙・・・

なぜそんな風に思うのでしょうか?

答えは簡単です。

自分で何に感動したかが
自分で深掘りしていないからです。

次の4枚の写真を見てください。

image.jpeg

image-1.jpeg

yjimage-1.jpeg

yjimage.jpeg

全てひまわり畑ですが
写り方が全く違いますね!

どうして写りが違く見えるのでしょうか?

それは、

何を主役にしているかが違うからです。

詳しく見ていきましょう。

1枚目は青空とひまわり畑のどちらもがメインですね。

2枚目は青空がメイン

3枚目は1輪のひまわりがメイン

4枚目はひまわり畑がメインです。

そう、何をメインにするかで
写り方が違うのです。

例えば、青空のもとで生えているひまわり畑にいったとしましょう。
%LAST_NAME%さんは何を思うでしょうか?

ひまわりでしょうか?
ひまわり畑でしょうか?
青空でしょうか?
どちらもでしょうか?

もしかしたら
ひまわりの花びらかもしれません。
はなびらにとまった蝶々かもしれません。

何に注目して写真を撮ったかで
相手に伝わる写真は変わります。

自分の中で何に感動したのか
どこに心惹かれたのかを
きちんと整理してそれに注目して
写真を撮って見てください。

きっと素敵な写真が撮れますよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする