自撮りがもっと上手くなるコツとは?

 

はじめまして

コンセプトフォトグラファーの桑原佐知です。

 

昨日から始めてみたBlogですが、
PV数が多くてびっくりです。

これからもこんな感じでゆるーく毒舌なBlogを書いていきます。

 

今日は「自撮りがもっと上手くなるコツ」をお伝えします。

正直私は自撮りが苦手なので、
あまりしません。

が、自撮りもカメラと一緒で
やればやるだけ腕は上がるものだと思います。

とくにFacebookをビジネスツールとして使用している方は
自撮りは必須だと思います。

顔を覚えてもらえる
親近感がわく・・・などいろいろなメリットがあります。

もはや自撮り=ナルシスト、自己中

の概念はFacebookでビジネスをしている人は
ないのではないでしょうか?

 

さっそくですがコツを伝えていきます

 

1 斜め上から撮る(軽く上)

既に常識になりつつ撮り方です。

斜め上から撮る事で、鼻筋や目を際立てる事が出来ます。

またレンズを見ながら撮る事で少し上目遣いになります。
上目遣いとかぶりっ子だなぁなんて思われるかもしれませんが
もうやるしかない。笑

真正面からと斜め上からで比較すればすぐにわかります。
真正面だとぬめーっとした感じになります。

一方で、頭を下げて顎を引いて撮るとどうでしょう。

これまた
顔がめっちゃ大きく見えます(笑)

 

首ごと引くと小顔効果なんですけどね。

 

2 画面の中心に目がくるようにする

iPhoneやスマートフォンのカメラは魚眼レンズといって
中心から外側に向かって間延びする構造となっております。

だから目が中心から離れれば離れるほど、
目がのびてちっちゃくなってしまうのです。

あとは、息を思いっきり吸い込んで
シャッターを切るときだけ息を止めるのも効果的です。

目が一時的に大きくなります。笑

ほかにも、人間は興味のあるものや好きなものを見つめても
目が大きくなるそうです。

 

3 レンズより少し上をみて撮影する

カメラは自然と暗いところは暗く、
明るいところは明るく補正しようとします。

目元はまぶたに覆われているため暗くなりがちです。

そのまま撮ると目元が暗く、
生気がない写真になります。

少しだけ上をみて目を開ける事で、
眼球の明るさをカメラが読み取り顔全体が明るくなります。

↑これってすごくない?

 

4 加工をする

※間違っても加工しすぎない。(これ超大事です)

最近加工をしすぎている人が多いと思います。
違いすぎると「うわぁ、まじこいつ全然違うよー。マジ詐欺だ」

って思われるかもしれませんね♡

顔のバランスも変だしね。

良いと思っているのは自分だけかもしれませんよ

5 直射日光での撮影を避ける

直射日光だとどうしても顔が平面に見えてしまいがち。

よく撮影時もクライアントさんに
「晴れがよかったー」と言われますが

実は一番良いのは【曇りの日】

光が均一に当たる事で、顔全体が綺麗に見えます。

晴れの日なら、少し影のある場所にいくのはどうでしょうか。

 

以上が、自撮りが上手くなるコツです。

どうせなら綺麗に写りたいですよねー!!!