起業秘話part3

カメラを始めた私は、
さっそく師匠の元へ学びにいきます。

その時師匠がやっていた講座が
「プロのための養成講座」

まだアマチュアにもなれていない私。
それでもいきたい!

いきたい!

いきたい!

…絶対にいきたい!!

と思い直接連絡を取りました。

師匠からは「いいよー!」
とゆるい返事。

今考えれば本当にすごいこと。
プロのための講座に、
まだ一眼レフさえ持っていない私が
混ざって同じことを教えるのですから。

今でも師匠のことは
本当に尊敬しております。

講座の最終日、
師匠より「お金を頂いて撮影をしよう」
と課題を出していただき・・・

無謀にも2ヶ月で100人の撮影を
したのでした(笑)

1ヶ月に50人。ほとんど起業家さん。
身体が全く持たず・・・
ひーひー言いながらやりました。

そして100人撮り終わり
私はある重大なことに気づいたのです。

「これってお客様にとって
何か意味のあるものだったのかな・・・」

「自己満だったのかな・・・」

起業家さんなら、
写真を撮る目的は1つ。

「売り上げを伸ばす」

なのに私の写真は
フェイスブックの「いいね!」の数
やコメントの数しか増えていなかったのです。

写真は撮れるようになった(ある程度)

でも・・・
その先が全く見えなかったのです。

そしてある日、
料理教室の友達から
今の師匠を紹介していただき、

「コンセプトフォト」

がスタートしたのです。

コンセプトフォトとは
その人の価値を引き出し売り上げに繋げる
FBやアメブロのカバー写真(ヘッダー)

のことです。

起業して間もない頃は

カメラも十分でない、
全く自信がない、
クロージングもできない、
お客様に意見も言えない、
軸がぶれている、
やりたいことがわからない、

と、ボロボロでした(笑)

全然売れない日々が続き、
貯金もなく・・・

親に借りたくもないし、
銀行にも借りたくない、

誰にも迷惑かけたくない。
彼氏にも愚痴りたくない。

そんな気持ちでいっぱいでした。

一人シャワーを浴びながら、
「もういやだ・・・」
とよく泣いていました(笑)

それでも
少しづつ軌道に乗ってきて
少しづつできることが増えて
少しづつ収入が増えて、

少しづつ自信が持てるようになったのです。

自分の作った写真で
お客様の売り上げが上がっていくこと。
本当に嬉しかったのです。

そして今年の2月。
私は初めて月7桁を達成し、
初めて起業家の皆様とハワイに行ったのです。

ハワイにいき、
アクティビティや先輩方の話から
たくさんのビシネスを学び、
本当によい思い出ができました。

そしてそれが今、
私の原動力となっております。

来年は昔の私がしてもらったように、
必ず生徒さんに7桁を稼がせ、
一緒にハワイにいきたい!!!!

そう思っております。

ついに3月。大きな節目を迎えます。
私にとって
大きな大きな大きすぎる挑戦

明日、その挑戦を発表します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする