【保存版】旬メイクに撮影メイクをプラスする方法

 

旬の顔に写真映えするメイクとプラスする方法をご紹介します

みなさんに知っていてほしいのは

《 肉眼で見て可愛いメイクと写真映えするメイクは違う! 》

と言う事です。

 

出来上がった写真に対して、写真写りの悪さにびっくりすることはありませんか?

もちろんカメラマンの腕も関係しますが、
自分で直せることもあります。

それが【 メイク 】です。

いつものメイクでも写真映えしないことがあります。

 

 

写真映えしないメイクとは・・・

1顔全体にパウダーファンデーション(特に美白のやつ)
▶︎のっぺりした印象に。

2平坦で細い眉毛▶︎顔が大きく見える

3薄めのチーク▶︎光で色が飛んで不健康な印象に

4ヌーディー色のグロス▶︎光で色がとんで不健康な印象に

 

では、写真映えするメイクとは・・・

1立体感を出すために顔中心に濃いめのリキッドファンデーション

輪郭付近は薄めに塗りましょう。2色使いがよりベスト✨

2眉毛はしっかり書く。パウダーとペンシルでふわっとさせた方がより自然な印象になります。

3大粒のラメは頬のテカリにつながります。細かいパールでいつもよりちょっと濃いめがベスト✨

4今年流行の青みピンクまたは、赤系がベスト。口元に色があると華やかさが増します。

 

 

以上がメイクで写真写りをぐっと良くする方法です!

せっかく撮るなら綺麗に撮りたいですよね♡
ぜひ参考にしてください