写真を上手に撮られるために必要なのは9割これ

 

 

本日は、ある方にロケ撮影の練習に付き合ってもらいました。

本当にかわいいモデルさんだったので
写真が出来上がったらぜひご紹介させてくださいね!

 

モデルさんを見ていて思ったのが
やっぱり上手に撮られるためには
なりきることが大事だと思います!

 

大事なのでもう一度言います!
なりきることが大事!!!!

 

現にモデルさんとか俳優さんとかと
一緒にお仕事をさせていただきますが、

みんなが口を揃えて
なりきることがうまく撮れるコツだと
おっしゃっています。

 

モデルや俳優さんと
私たち素人と違うのは、

撮影時に何を考えているのか
大きく違います。

 

私たちだったら
「なんか撮られるの恥ずかしいなぁ」
「どんなポーズをしたらいいんだろう」
「このポーズ、合ってるのかなぁ」
「どんな風に見られているのかな」

などと思うでしょう。

 

一方、モデルさんや俳優さんは
妄想しています(笑)

 

背景やテーマに合わせて
その時の情景を思い出しているだけ
だそうです。

 

例えば晴れの日にリゾートへ来た感じ
と言われたら

休みの日にホテルのカーテンを開いたら
透き通るような海が広がっている情景など。

 

 

そんなことを妄想できたら
だれでも笑顔になれちゃいますよね!

そんな風に表情を作っているそうです。
ぜひみなさんも試して見てくださいね。

 

せっかくの撮影です。
せっかくお金を払ってきています。

存分に楽しみましょう!

 

人の目が気になってしょうがない方は
少しだけ人目が少ない場所で
撮影をお願いしましょう

カメラマンさんは
色々なロケ場所を知っていますよ。

素敵な撮影になりますように!