私が撮影スタイルを変えたわけ。

なぜコンセプトフォトを始めたのか

A04A0116.JPG

今日はそこをみなさんに
伝えたいと思います。

以前は全く撮影スタイルだった私。

自然な姿を撮ることで
自分の見たことのない自分に出会い、
自己肯定感をあげてもらいたかった。

昔はね、
自分が大嫌いだった。

でも、ある日カメラマンに
自然な私を撮ってもらったことで
自分をすこし好きになれたんです。

だからこそ、
この経験をみんなにも
体験してもらいたくて、

自然なありのままを撮る
撮影スタイルだったのです。

お客様からは
見たこともない自分に出会えて
少し自分を好きになれた。

と言っていただけて
嬉しかったです。

ただ、ある日。
ふと思ったことがあります。

このままでいいのか。
私はこれを続けていく意味はあるのか。

と。

プロフィール写真を変えれば、
「いいね」がつくなんて当たり前。

でもさその「いいね」って
本当に思われているのか。

そして「いいね」の効果は
いつまで続くのか。

そんなことを考えるようになったのです。

自分のために、
お金も時間もかけてきてくれる
クライアントさん。

私はクライアントさんに
なにを与えることができているのか。
そしてもっとなにか与えることは
できないのか_。

そしてあることを思いついたのです。

(次回に続きます)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする