写真を撮ってもすぐに消していませんか?

みなさんが考える
印象に残る写真って
どんな写真でしょうか?

images-4.jpeg

素敵な風景だなぁ、
綺麗な人だなぁ
面白い建物だなぁ

と、自分が感動したものに
シャッターを切ると思います。

でも、自分の写真を見返すと、
あまり感動が伝わってこない
なんてことはありませんか?

私は昔よくありました。

折角心惹かれて
シャッターを切ったのにも
関わらず改めて写真を見返すと

しょぼい(笑)

だから撮ったとしても
すぐに消してしまうのです。

そんな私でしたが、
あるものがきっかけで
納得できる写真が撮れるようになったのです。

Unknown-1.jpeg

それは
ロバート・キャパという
戦場カメラマンに関する記事を
読んだことでした。

『たしかにロバート・キャパの写真作品には、
人の心を打つ何かがある。

そのゆえはなにか。
キャパの弟であり、
国際写真センター創立者でもある
コーネル・キャパ氏は、
「それは被写体に一歩深く踏み込む勇気である」
と語っている。』

そう、私には被写体に一歩近づく勇気がなかったのです。

images-6.jpeg

写真を撮るときに、
知らず知らずに被写体と無難な距離を
とってしまっていて、

見慣れた景色を写真にしていたため、
つまらない写真にしていたのです。

写真はいつもと違う視点での写真だからこそ
はっとさせられるものです。

もしみなさまも
なんだかつまらない写真しか
撮れない場合は、

ぜひ「一歩踏み込んで」写真を
撮ってみてくださいね。

Unknown-2.jpeg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする