【お客様の声】人から何を目指しているかわからないと言われてしまいました。

ヨガやピラティス、バレトン、ダンスなど
健康のために行うスポーツのインストラクターさんに
よくある悩みとして
お客様の健康を願うばかりに
いろいろなサービスを増やして、
「何を目指しているか自分でもわからなくなってしまう」

ということです。
インストラクターさんの中でも、
全て「健康」というくくりで全てが繋がっていると思います。
しかし、私たち消費者からすると、
なぜそれらを全てやっているかがわかりにくいものです。
しまいにはお客様にも言われてしまう始末・・・
すべてお客様のためにやっているのに、
こんな風に言われてしまっては悲しいですよね。
今回、個別相談に来てくださった鈴木裕子様も
全く同じ悩みを抱えていました。
===================
以下、鈴木様からいただいたご感想です。
1.個別相談を知ったきっかけは?
テクチィビティの、にながわちひろさんのメルマガを読んでいたら、
佐知さんの事を紹介されていて知りました。
2.抱えていた問題点は?
人から何を目指しているのか、わからない、と言われることがある。
自分の中では、「健康をテーマに」と考えたけれど、周りには感じてもらえてない?
3.受講後に解決できた事は?
やっぱり、サービスが色々ありすぎて軸がない。
メインの軸を作る事が必要。
ペルソナもぼんやりなので、しっかり決める必要がある。
今のやり方では、効率が悪い。
私だから出来る事。私に会いにきたい、
と思ってもらえるサービスを作り出す必要性がある。
しかし、自分の目指す方向に迷いがあり進めない。
時間が必要だと思った。
4.佐知さんはどんな人?
とっても親身になって、お話を聞いてくださる。親しみやすい方でした。
信頼できる方だと思います。
5.どんな人にオススメしたいか?
自分の想いを、ちゃんと相手に伝わるようにしたい、と思っている方。
どんなサービスをしていて、何を解決してくれるか、をしっかりと表現したい方。
===================
自分がどうなりたいか?
どこをお客様に提供できるか?
などを具体的によりフォーカスして考えられるよう
新たな一手をお話いたしました。
鈴木さんのスタジオから健康になった生徒さんで
いっぱいになることを願っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする