自撮りに使えるクローズアップ構図の撮り方

今日はクローズアップ構図
というものをお伝えします。

slider_photo_01.jpg

クローズアップ構図とは
画面いっぱいに顔を収めた構図のことです。

 

表情を大きく写るため
人物の表情を捉えたり、女性なら肌の美しさを
引き出したいときに向いています。

 

SNSでも使えるこの構図ですが、
あまり使いすぎると
見る人に圧迫感を与えるため、
時々使うようにしましょう!

 

早速撮り方をお伝え致します。

 

1 首切り写真はNG

顎の下や首の中央、首の付け根で切られた写真は
生首に見られがちです(笑)

鎖骨まで含めると、首が長くスマートな印象になります。

 

2 目の位置に注目する

バストアップ写真と違って、表情中心の構図なので
頭は切れて大丈夫です。
その代わり、目は写真の中心もしくは少し上になるようにします。

 

3 明るさを考える

笑顔なら見た目より明るい写真に。
切ない表情なら少し暗めに加工すると、
より雰囲気が伝わりやすくなります。

 

 

以上3点を気にして自撮りして見てくださいね!

ぐっと印象が変わると思います。
ぜひ楽しみながらやってみてください。

 

images.jpeg