仕事が取れるプロフィール写真の選び方

一度は撮ったことのある
バストアップ写真。

今日は人物撮影の基本となる
バストアップの上手な選び方を

お伝え致します。

バストアップ写真とは、
胸から上の上半身を写したもので
比較的シンプルにまとめられる上、

表情や仕草がわかるため
人物像が伝えられやすいとも言われています。

なのでよくプロフィール写真に使われます。

これはカメラマンさんに
プロフィール写真を撮ってもらい
自分で選ぶときの基準にもなると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

ぱっとみて印象のよい写真は
仕事が取れるか取れないかにも影響してきます。

なのでここは押さえておくと
便利ですね^^

早速プロフィール写真(バストアップ)の
選び方をお伝えします。

1 腕の収め方で良し悪しが決まる!

手首や肘などの関節で切られていない写真を選ぶ。
関節で切れていると不思議と違和感を覚えるためです。

2 頭の上の空白に注目する!

目を画面の4分の1程度の高さに配置すると、
頭上に適度な空白ができます。
パッと見たときに、頭上の空白が広すぎたり
逆に狭すぎる写真は避けましょう。

3 背景がボケているか?

これはロケ撮影(外での撮影)のときに言えますが、
バストアップは表情や雰囲気が伝わりやすい構図なため
それらをうまく使うためにも、
背景をぼかしていらない情報は排除しましょう!

4 明るさはちょうど良いか?

あまりに暗い、明るい写真は見る人にとって
よい印象は与えません。
まずは目の周りの明るさが
自分でいいと思う明るさの写真がベストです。

5 目線は正面であるか?

このとき体も真正面だと、証明写真になってしまうので
体は斜めで顔は正面を向いているのがベスト。

以上の5点が守れている写真が
プロフィール写真を選ぶにあたり
よい写真だと言えます!

よい写真を撮ろう。
たくさんいろんなショットがあったほうがいい。
と思われるかもしれませんが、

何枚も同じ構図、同じポーズの写真をとり
その中から奇跡の一枚を探した方が
成功率は格段に上がります。

これだ!という写真に出会うためには
欲張りはせずに一つを極めて見ましょう!

よい印象を与えることは
売り上げに直結します^^

もしどんな写真がいいかわからない。
自分にあった写真がない。

というお悩みがある方は
ぜひ個別相談にお越しくださいね。
http://kuwabarasachi.com/consultation

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする